パパ募集

パパ募集したら、おじいちゃんがきた。
もうよぼよぼな風貌なんだけど、割と若い子と遊んでるアピールしてくる。
その場で、「失礼します」って帰るのも失礼だし、まぁお茶だけ付き合ってお小遣いくれる人かもしれないし、とりあえず、話しだけはしようかと思ったら、いきなりホテルに連れていかれた。
一応、「あの、今日は顔見せってことで」って言ったら、「このホテルのラウンジにあるイチゴタルトをごちそうしたい」って。
どうやら、このおじいちゃん、甘党みたいで。
悪い人ではないような気がするんだよね。おじいちゃんといえども、笑顔がキュートって感じで。それに、話も面白いし。
一生懸命、話してくれるわけ。それに相槌打って、笑顔を見せると、本当にうれしそうな顔してくれるわけよ。

パパ募集のつもりだったんだけど、どうもこのおじいちゃん、茶飲み友達が欲しいのかなって。
私も甘いもの好きだし、洋菓子も和菓子も両方イケるし、おじいちゃんでも茶飲み友達路線も大丈夫かなーなんて頭の中で考えてたの。
そうしたら、相手の方が、考えてることもっと進んでたっていうか。
「パパ募集のことだが、いくらくらいで考えてる?」ってズバッと聞かれて。
一応、都度3~5だったんだけど、こんなおじいちゃんとは想定してなかったしなぁと思って、もじもじしてたら、「月に一回で10万はどうだ」って聞かれて。
いやいや、その前にこのおじいちゃんとそういう営みができるかどうかってことが心配で。
「心配ない。こう見えてもまだ現役だから」って笑ってたけど、こっちの気持ちの問題だったりするんだよね。
ノースキン
膣内射精